2004年12月

コハダの粟まぶし

05351370.jpg


これは御節に入ります。
甘くならないように、しっかりと酢を効かせました。

今晩は・・・
年内最後の営業日なので売切れ御免の早終いもあり。
10:00前後が今夜の予約の要となるでしょう。

日本酒は、開栓済みのものに限って売切れ御免。
売れ残りには値引きもあります。
なんと・・・
きく姫のくろ吟が残りそうです。
さぁ、いったい幾らになるでしょうか(にやり)

その他、お楽しみがいろいろです。



いよいよ

81a0c52d.jpg


お節の重箱が届きました。

六寸五分の三段重ね。樅の木で出来ています。
内側は・・・金の厚紙が施されています。
三段一組で約二千円ですから、まぁ、こんなところです。

「お重の豪華さではなく中身で勝負だ!」

って、別に何処とも競うつもりは無いんですけれどね(笑)

相棒は徐々に仕込みを始めています。
昨日は黒豆に甘さを含ませていました。

こちらはこれから細かい作業に取り掛かります。

重箱の表面を紙やすりで磨く。
仕切りを作る。
真田紐の端をかがる。
お品書きを書く。
ああ、蓋の化粧はどうしようかな・・・

お婆さんは川へ洗濯に。
お爺さんは山へ芝刈りに。

大晦日まで相棒との分業が続きます。

「ああ、いよいよ押し迫ってきたなぁ」という気持ちです。

香箱蟹

f90d886a.jpg


ずわい蟹の雌。

写真奥は身を解して殻に詰めたもの。
手前は卵です。

くわしい説明はこちら

うあぁぁぁぁ!

0eb4d36f.jpg


相棒が「大間の鮪」を仕入れて来ました。
(ただし、かまの部分)

年内の営業は今日と明日の二日間だけ。

・・・

一体、何を考えているんだ?
どう考えても残るよ、これ。

べつに良いけど(喜)

山葵

d4b600ef.jpg


水洗いしてまな板に載せ上から布巾を被せます。
そのうえから熱湯をざっとかけまわした後、
すりこ木などで叩いて辛味を引き出します。
その後水気を絞って、醤油に浅く漬け込みます。

葉山葵の醤油漬けです。

記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • GUUUT 10月のご案内
  • GUUUT 10月のご案内
  • GUUUT 10月のご案内
  • GUUUT 9月のご案内
  • GUUUT 9月のご案内
  • GUUUT 9月のご案内
  • GUUUT 9月のご案内
  • GUUUT 9月のご案内
六本木さだ吉 公式HP

【六ばんめの味】

http://sadakichi-693.com

にて公開中