2005年09月

9月29日


「菜」

菊花なます  茄子と茗荷の芥子味噌あえ

獅子唐の焼き浸し  オクラと柳茸のおひたし  焼き枝豆
  
「造」

生しらす  白海老  鯖のたたき

「焼」

鴨焼き  地鶏

「煮炊」

冬瓜と浅利入り肉団子

「揚」

秋刀魚のフライ

「常」

お豆腐  京揚げ焼き  黒酢どり  玉子焼き  香のもの

「肴」

糠にしん  穴子の干物  鮑の肝の煮付け

「其の他」

松茸  切干大根

芝海老唐揚げ  小鰯の煮付け  するめ烏賊丸焼き

豚バラ煮とじゃが芋  羊と黄ニラの炒め物

いくら御飯  肉辛味おうどん



*****************************************



日本酒の「在庫整理」は今日までです。
お陰様で、だいぶ冷蔵庫が片付きました。
これでこの秋冬の仕入れはバッチリです。

いしだ屋や、あずまいちの純米大吟醸選抜酒等、
品薄の酒や値の高い酒は早々に売切れましたが
まだまだ美味しい酒が残っています。

この機会をお見逃しなく!

うわ、何とも使い古されたキャッチだな 落ち込み
当家にはちょっと不似合いな台詞だったかも(笑)

あ、そうそう。

読者プレゼントのバジルがまだ残っています。
こちらも今日あたりで無くなります。

今週末にまた追加しても良いのですけれど。

さて、9月も今日で終わりです。


・・・

ということは、あと3ヶ月で今年も終わり?

早いな?。うーーーん、早すぎますよ。

年末の予定なんてまだ全然考えていないもの。
さて、どうしようかなぁ 。。。

豚丼

8348f144.jpg


御飯の上に湯がいた青梗菜と刻んだ茗荷を載せる。
茹でた豚ばら肉に生姜の利いたタレを絡めて載せる。

菊花膾(なます)と白瓜の漬物。
それに、ここには写っていませんが
茄子としめじの味噌汁。

豚丼定食?

定食屋っていうのも魅力的ですよね。

。。。

いいなぁ、定食屋。
いつか自分でやってみたいかも。




いよいよです!

7364c00b.jpg


まずは岩手から。

松茸は、山の気温が10℃前後で安定すると出てきます。
ここ数日の様子を見ていて
あ、これは一気に来るな、
と思っていたところでした。

1本あたりの価格が落ち着いて来たようなので
いよいよ「おしながき」に登場です。

1本千円から。

焼いたのを塩で食べる。
天麩羅かフライにする。
土瓶蒸しにする。
鍋またはすき焼きにする。

いろいろな楽しみ方がありますが
岩手産は土の香りが強いので
すき焼き、天麩羅、フライなどが良いでしょう。

焼きっ放しや土瓶蒸しには
西の松茸の方が合うと思います。

丹波の松茸が出回るようになるまで
まだひと月はかかるでしょうか。

秋もいよいよたけなわです。


今夜から使えます

709c4381.jpg


暖簾で仕切ることにしました。

細部の仕上げが終わっていませんが
お許しを頂きつつ、今夜から始動します。

部屋の中から

4c96b05b.jpg


暖簾を上げて店の中を見ると

・・・

それなりの個室感はありますね。

あの座敷には、捨てがたい良さがあったと思います。
でも、こうして生まれ変わった空間を眺めてみると
これもまた、いい味が出ているように思えるのです。

当家で最もゆとりのある席になりました。

さて、ここからどんな時間が生まれるのでしょうか?
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 臨時休業と 12月、年末年始営業の お知らせ
  • 臨時休業と 12月、年末年始営業の お知らせ
六本木さだ吉 公式HP

【六ばんめの味】

http://sadakichi-693.com

にて公開中

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ