2006年02月

ふ???ん

a7cf342f.jpg


関西で最もポピュラーだと思われる
某醤油メーカーが出している出しの素、
ちょっと興味が湧いたので買ってみました。

原材料名=食塩、粉末うすくち醤油、砂糖、
ぶどう糖、大豆たん白酵素分解物、ねぎ、
かつお節、昆布、調味料(アミノ酸等)、
カラメル色素、(原材料の一部に小麦を含む)

・・・

大豆たん白酵素分解物

アミノ酸等?

等って何だ?

食べてみれば{案の定}というお味でした。

しかし・・・

一人前の出しの値段は約25円。
うどん一玉80円としても105円。
店で売るなら葱と生姜を付けて350円くらいか?

当家のだしは利尻の天然真昆布に山口の塩だけ。
おうどんは製麺所に委託しているとはいえ
そこら辺の手打ち麺以上に手間が掛かる特注品。
かけうどんの売値はぎりぎりで700円。

350円のおうどんで、とりあえず腹は膨れる。
其々の価格の差額は果たして高いか安いか?

これは「食べる」という行為やその内容が
食べものを選ぶ人や時に合わせて
千差万別に変わり得ることだと思うので
それにもよると考えているのです。

人は食べなければ死ぬ。

では日々の食事は何のために採っているのか?

一個人が答を出す可きことではありませんが
食べて貰うことを仕事としている身としては
慎重に考えねばならないことだと思っています。

もう少し安くお出しできたら良いのですけれど。

生きるということに深く繋がるような食べ物を
食べて頂くことが1番大事なことだとは思うのですが。

・・・

自分はまだまだ力不足だなぁ。

寝酒

18fbe222.jpg


黒糖焼酎のお湯割りに生姜を入れて。

春が来たとはいえ、まだまだ油断は出来ません。
今夜のように冷え込む夜には生姜を捕って
身体の中から温まりましょう。

・・・

生姜で温まると言うことだけなら
別に酒を入れなくても良いのですけれどね。

春の色

a8a20fbd.jpg


豆の緑が眩しい季節になりましたね。

きぬさや、えんどう、そらまめ、さんどまめ、えだまめ・・・

これから秋口まで付き合う色なのです。

尻尾

b249cb55.jpg


豚の尻尾。

トン足、豚耳、鶏の脚・・・
決して下手物ではないのだけれど、
何故かお客様にはいまひとつ人気のない
これらの端っこの部位などなど。

このての食材にはめがなくて嬉々としている相棒。
その傍らで、このての食材を食べるのは好きだが
また売れないんじゃないかと心配をする店主。

さてさて、どちらに旗が揚がるでしょうか?

かれい

814148ef.jpg


子持ち鰈の煮付け。

これで四合は呑めますかね?

って、別に料理ごとに酒の量を測らなくても。。。
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 臨時休業と 12月、年末年始営業の お知らせ
  • 臨時休業と 12月、年末年始営業の お知らせ
六本木さだ吉 公式HP

【六ばんめの味】

http://sadakichi-693.com

にて公開中

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ