2009年02月

土曜日の予定

2月28日 「小さいこどもの日」  


3月 7日 「大きいこどもの日」  

  14日  お休みをいただきます

  21日  未定

  28日 「小さいこどもの日」


  

週末のできごと

この1週間ほど、ドリコムのサーバーが不調だったらしく

閲覧もアクセスも出来ない状態が続いていました。

お知らせしたいことなど、いろいろあったのですが

更新する機を逸してしまい、以下は週末の報告です。



「七十二候?」について、人様の前で話をするという機会を頂きました。



a1f88b12.jpg



共著者の川口澄子さんと自分とで1時間半の講義をした後、

本に登場する「芽キャベツと新じゃがいもと肉団子」を調理実習する

という内容でした。

企画元はシブヤ大学というNPO団体です。

25名のところへ定員以上の申し込みを頂いたそうで

抽選に漏れた方もずいぶんたくさんいらっしゃったとか。



当日はスタッフを入れて30名。

予想はしていましたが、ほとんど女性。

20代から40代の方が中心でした。

不慣れなこともあって、緊張しました。

写真でわかるように、顔が強張っています(笑)



それでも川口さんと相棒の好アシストのおかげで

授業、実習ともに無事終了しました。



そんなことがあったせいか

日曜日にこんな嬉しい一瞬も。。。


Amazon.co.jp ランキング: 本 - 5,288位 (本のベストセラーを見る)
各カテゴリー内でのランキング:

3位 ─ 本 > 文学・評論 > エッセー・随筆 > グルメエッセー
8位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > グルメ


今日はもう30位に下がっていましたけれど(笑)



寒いながらも、潤いを含んだ空気に

春の近づいてくる感じがあります。

もうすぐですね。







魚上氷  うおこおりをいずる

4fa991d2.jpg



「紅茶に苺ジャムを入れて」

天気は良いけれど、底冷えがします。

甘くて温かい飲み物が嬉しい午後でした。




二月  十七日   火曜日
      
【 菜 】

たらの芽 きなこ味噌   こごみと新玉葱のおかか醤油あえ

つぼみ菜と桜海老のおひたし   マッシュルーム炒め

生大根とアンチョビ   生キャベツと辛味噌

【 造 】

こはだ   〆さば   ほうぼう   昆布〆

【 煮炊 】

揚げ餅と野菜の沢煮

鶏なんこつ団子としんじゃが芋と芽キャベツ

【 焼 】

地鶏   白子   わかさぎ   のどぐろ

【 肴 】

あおやぎと芽あさつきの酢味噌   いわしとふきのとうのつみれ揚げ

塩漬け豚 青唐辛子とハチミツのたれ   牛アキレス腱とキャベツの煮物

鴨ロースの旨煮   氷魚(ひうお)と梅おろし   牡蠣 生 又は 焼き

とり肝の生姜煮   穴子の干物揚げ鶏と青菜のサラダ   めひかり唐揚げ

黒酢どりとかぼちゃ   玉こんにゃく   青ねぎと焼き海苔

黒豆と炒りじゃこ   カマンベール・チーズのふき味噌漬け   ごろいか

【 常 】

玉子焼き    香のもの   京揚げ焼き   おとうふ

【 おうどん お食事 】

もり     ◇    ごまだれ 

さだ吉   ( 鶏肉 京揚げ 葱 )

かき玉南蛮 ( 辛い汁の卵入りおうどん )

そして今夜もジャムを煮る

af6cb552.jpg



苺ジャム 170g 1050円

苺・砂糖・シャンパン(添加物・香料・保存料等は一切使用していません)

賞味期限 2009年3月9日(要冷蔵)

ご注文は、公式HPから注文書をプリントアウトしてご利用いただくか

直接メールまたは電話で承ります。

来店時にお受け取りになるということでも大丈夫です。

今回は全部で8個あります。


****************************************************************


17日 14:00現在    残り6個

    17:00現在    残り5個

18日はサーバー・メンテナンスの為、閲覧ができませんでした。

19日 15:00現在    残り3個

20日 13:00現在    残り1個

最後の1個は、重複を避けるためにお電話にて承ります。






ae3f1a4f.jpg



ジャムを煮るのは深夜が良い。

一日の仕事が終わって、片付けも済んで

ひとり心静かにジャムを煮る。



砂糖の浸漬にかける時間はおよそ8時間。

最初はごく弱火。

じっくり加熱して、均等に熱を行き渡らせる。



634927f3.jpg



何度煮ても、同じように煮上がることはない。

苺の熟れ具合、糖度、加える砂糖の量などによって

煮え方に微妙な違いが出てくる。



灰汁を掬いながら考える。


ジャムを煮ることは、人生に似ている、と。





瑞々しく、ハリとツヤのある、生の果実。

そのまま食べても十分に美味しいものに

わざわざ砂糖と熱と時間を加える。


最初の火力を誤ると、美味しいジャムにはならない。

ゆっくりと、静かに温めることが、仕上がりに差を生む。



頃合いを見て火力を上げる。

灰汁は、泡のような弱いものから徐々に濁ったものに変る。

苺は、ハリとツヤを失って、鍋の中を無様に漂う。



344586cd.jpg



やがて灰汁が出なくなり

苺は、つややかになり、煮汁を含んでより甘くなる。

これは既に苺ではなく、ジャムというものに生まれ変った姿。


しかし、種はそのまま。

より力強く、その姿を示している。



415feaf0.jpg



煮始めから約2時間。

絶えず様子をみていると、いろいろなことを考えてしまう。


対流に任せて、鍋の中を動く苺。

火の勢いに動きを任せられるほど周囲に余裕はなく

他の苺にぶつかり、潜り、押し上げられ、

鍋の中央から鍋肌へと移動する。

鍋肌に辿り着いた苺は、静かに鍋の底へ消えていく。




換気扇の音だけが聴こえている。


ジャムを煮るのは深夜が良い。






黄鶯●(目に見)睆  こうおうけんかんす

まだまだ寒い夜が続いていますが、日中はそろそろ暖かく

冬のあいだずっと待ち焦がれていた天色(あまいろ)の空と

ゆっくりと流れる積層雲の趣に

春の気配を感じる今日この頃です。



立春の声を聞くと同時に、早々と、山形から山菜が届きました。

そのままを味わう「たらの芽のくるみ味噌」だけでなく

鴨やめじまぐろにも春の野の香りを添えました。

「鴨の旨煮と行者にんにく」と「めじまぐろとノビルの芥子酢味噌」です。


先日、店で搗いたお餅を使った「揚げ餅 沢煮あんかけ」と

お馴染みの「鶏なんこつ団子と新じゃが芋と芽キャベツ」に

「こごみと新玉葱のおかか醤油あえ」と「ふきのとうといわしのつみれ」など。

これらは前出の「七十二候 美味禮讚」でもご紹介をしています。

そして氷魚(ひうお)は鮎の幼魚です。 琵琶湖から。


47d308ca.jpg



当家のおしながきも、冬の名残を織り交ぜつつ

少しづつ春色に染まっていくのです。


二月  十二日   木曜日

【 菜 】

たらの芽 くるみ味噌   こごみと新玉葱のおかか醤油あえ

海老芋の唐揚げ   エリンギ焼き   生大根とアンチョビ

白菜と凍り桜海老のポン酢

【 造 】

〆さば         しらうお

ひげたらの昆布〆    めじまぐろ

【 煮炊 】

揚げ餅の沢煮あんかけ

鶏なんこつ団子としんじゃが芋と芽キャベツ

【 焼 】

地鶏   わかさぎ   のどぐろ

【 肴 】

いわしとふきのとうのつみれ揚げ   鴨ロースの旨煮と行者にんにく

塩漬け豚 青唐辛子とハチミツのたれ   氷魚(ひうお)と梅おろし

牡蠣 生 又は 焼き   あさりと大根の炒めもの   とりもつとごぼう

めじまぐろとノビルの芥子酢味噌   穴子の干物揚げ

鶏と青菜のサラダ   めひかり唐揚げ   ひりひり糸こんにゃく

黒酢どりとかぼちゃ   青ねぎと焼き海苔   黒豆と炒りじゃこ

カマンベール・チーズのふき味噌漬け   ごろいか

【 常 】

玉子焼き        香のもの

京揚げ焼き       おとうふ

【 おうどん お食事 】

もり     ◇    ごまだれ
 
さだ吉   ( 鶏肉 京揚げ 葱 )

かきたま南蛮       ひじきごはん
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • GUUUT 10月のご案内
  • GUUUT 10月のご案内
  • GUUUT 10月のご案内
  • GUUUT 9月のご案内
  • GUUUT 9月のご案内
  • GUUUT 9月のご案内
  • GUUUT 9月のご案内
  • GUUUT 9月のご案内
六本木さだ吉 公式HP

【六ばんめの味】

http://sadakichi-693.com

にて公開中