2009年06月

長野の畑から

334fb6c9.jpg


ズッキーニ。 花はついたがまだまだ小さい。

今年に入ってから新しく起こした場所に植えてみた。

伸びが悪いのはまだ土が馴染んでいないせいかもしれない。

土と堆肥との相性が悪いのかな?


c9aa66ba.jpg


トマト。 これは順調。

支柱を立てたり、ネットを張ったり

日々の成長に合わせた仕事は

いつも母がやってくれている。


c9341ef3.jpg


きゅうり。 これはもうすぐ収穫できそう。

当然だけど、陽の良くあたるところとそうでないところでは

成長の度合いが違う。

余分な葉を整理して栄養が実にいくようにしたり

まんべんなく陽が当たるようにしたり

本当はそういうことをしなくてはいけないのだと思うが

基本的にはそれぞれの伸びるがままに任せている。



f4ef6a7f.jpg


レタス群。 これが一番元気。

外側の葉から2?3枚づつむしって食べているらしい。


cd0c0a1b.jpg


ゴーヤ。 これは意外と成長が早い。

最初は垣根沿いに土を反そうと思ったが

ここは石が多いからダメだといわれた。

他に上へ伸ばせる場所がないので仕方なくプランターに植えたが

来年はここを掘り起こして土を入れ、しっかり植えようと思っている。


6ea4f1af.jpg


感激!

こんなに小さくても、ちゃんと「ゴーヤ」の形をしている。



乃東枯   なつかれくさかれる

六月  二十三日  火曜日

【 菜 】

焼き枝豆   オクラと茗荷のちりめん山椒あえ

水茄子と新生姜の味噌もみ   わらび からし醤油

生キャベツと辛味噌   青ねぎと焼き海苔

【 造 】

〆さば   かます 酢〆    とり貝    石垣貝

【 煮炊 】

どじょうと貴ニラ   モツと豆腐の辛い煮込み

【 焼 】

地鶏   うなぎ 白焼き

ff58028e.jpg


かます   のどぐろ   ほっけ (とば)

【 肴 】

牡蠣   生 又は 焼き   賀茂茄子 かにあんかけ

小いか わかめ醤油ときざみ茗荷   砂肝とこんにゃくの青唐辛子煮

9f2221d2.jpg


かぼちゃの団子と鴨のそぼろ   牛ほほ肉のトマト煮

鶏から揚げとクレソン 辛味だれ   もずく酢

桜海老と新生姜の天ぷら   あさりの酒蒸し   稚鮎のから揚げ

aed6d068.jpg


レバニラ揚げぎょうざ   うにとじゅん菜の冷やし汁

f1e0689e.jpg


茎わかめのおひたし   豚しゃぶ 梅酢おろし    ごろいか

bfb0008f.jpg

                                          
【 常 】

玉子焼き   香のもの   京揚げ焼き   おとうふ

【 おうどん お食事 】

もり     ◇    ごまだれ
 
さだ吉   ( 鶏肉と京揚げと葱入り )

冷やし穴子 ( 冷たいおうどんと穴子の揚げ浸し )




photo by chiro128


梅実黄   うめのみきばむ

f59f3b31.jpg



生しらす


六月  十七日   水曜日

【 菜 】

焼き枝豆   オクラと茗荷のちりめん山椒あえ

水茄子と新生姜の味噌もみ   浜防風と大根のおひたし

青ねぎと焼き海苔

【 造 】

あおりいか   春子(かすご)    新いくら

めじまぐろ   とり貝

【 煮炊 】

れんこんと厚揚げとあさりの煮もの   かぼちゃと鴨肉のそぼろ

モツと豆腐の辛い煮込み

【 焼 】

地鶏   うなぎ 白焼き   いさき しそ醤油焼き    ほっけ(とば)

【 肴 】

牡蠣   生 又は 焼き   賀茂茄子 かにあんかけ

砂肝とレタスのサラダ   骨付き羊肉の香味焼き

鶏から揚げとクレソン 辛味だれ   もずく酢

桜海老と新生姜の天ぷら   白ばい貝煮つけ   稚鮎のから揚げ

レバニラ揚げぎょうざ   うにとじゅん菜の冷やし汁

茎わかめのおひたし   豚しゃぶ 梅酢おろし

牛ほほ肉のトマト煮   ごろいか 
                                          
【 常 】

玉子焼き   香のもの   京揚げ焼き   おとうふ

【 おうどん お食事 】

もり     ◇    ごまだれ
 
さだ吉   ( 鶏肉と京揚げと葱入り )

冷やし穴子 ( 冷たいおうどんと穴子の揚げ浸し )




10日ほど更新が止まっていました。

すみません。。。


昨夜はすごい雨だったようです。

地下にいると、外の様子に疎くなります。

お客さまの上着の濡れ具合で、雨の様子を察する次第。

恵みの雨。

もうすぐ本格的な夏が来ます。


夏野菜がますます美味しくなってきました。

この季節の定番、冷やし穴子も先週から始まっていますよ。

山椒

実家の庭に植えてある山椒の木は、丈が2メートルを越す。

一番高いところにある若い枝には、手を伸ばしても届かない。


cba020eb.jpg



自分が小学校5年生の時、庭付きの戸建に移ったのだけれど

そのとき母が近くの山から採ってきて、庭に植えたのだと記憶している。

だから、この山椒の木の樹齢はそろそろ40年になるということか。

当時の自分の胸の高さにも届かぬような、ひょろりとした木であった。

その若い山椒の枝から若芽を摘んでは

朝の味噌汁の彩りにしていたことを思い出す。



夏の朝の、まだ薄暗い台所と、窓から差し込む日の光との明暗の加減。

台所に立っている母の後姿と味噌汁の匂い。

タンタンと包丁の音がして、それからぱっと広がる山椒の香り。

そんなおぼろげな記憶のいろいろと

庭の隅っこのひょろりとした山椒の木の姿は

30数年経ったいまでも、自分の頭の中で一つに繋がっている。



10年ほど前だっただろうか、実家のあった土地が

市の道路計画に引っかかっているということで、現在の場所に引越しをした。

その頃は仕事が忙しくてまったく帰れなかったので詳しくは知らないが

件の山椒の木は、自分の知らぬところで2度目の引越しを経験していた。



いま現在は、道路と敷地を隔てるフェンスと倉庫との間の

ちょっとした露地に植えてあるのだけれど、もう一杯いっぱいで、

枝の成長をフェンスに遮られるような格好になってしまっている。

だから山椒の若芽にしても実にしても、

これらを摘むときは、身を捩るようにして採らねばならない。

たくさんの量を摘む時には、木の下に潜って枝と枝の隙間を狙って手を伸ばす。

出来るだけ実だけを採ろうとするのだけれど、

視界が悪いのと、姿勢がきついのとで、なかなか思うようには採れない。

特に下のほうの枝には硬くて鋭い棘がたくさんついているので

うっかりしていると、手が傷だらけになる。



a489f8af.jpg



それでも30分ほどがんばれば、両手のひら一杯くらいになる。

山椒の実は、10数粒が花梗で連なりながら一まとまりになっている。

若い枝を傷めないように、この粒の集まりだけを採ろうとするのだけれど

先に述べたような無理な姿勢で採るものだから、

どうしても余分な葉まで採ることになってしまう。


実家の山椒の実は、4月の終わり頃から生り始める。

まだ小さめの実を摘みながら、その香りにつられてひょいと口に入れる。

「山椒は小粒でもピリリと辛い」とは良く言ったもので

口内の香りが失せたあとまでも、舌が痺れているほどだ。



136f2f28.jpg



4月の終わり頃は指の腹で押す程度でも実が潰れたが

5月半ばを過ぎると爪で押さねば潰れぬようになる。

初夏の日差しを浴びて、そろそろ皮が硬くなり始めている。

煮炊きに使うには、このあたりが限度。



1444fd90.jpg



まずは、入り混じった葉を取り除くところから。

これがなかなかの手間である。

ちょうど涼しくなり始めた梅雨入前の夕方。

ビールを飲みながら、というのがごく自然だろうと思うのは勝手な言い草か。


仕分けに使っているのは植木鉢の皿と豆腐のパック。

来年はもう少し使いやすい道具を探そうと思っている。



278b1947.jpg



取り除いた葉は、ひょいひょいと下に落とす。

時おり吹く夕方の風に煽られて、足許の葉が少しづつどこかへ消える。

田舎では、有機物がごく自然に循環している。

山椒の葉も、なにをせずとも放っておけば、やがて土に還るだろう。


自転車に乗った女子生徒が数名、家の前の坂道を下っていく。

2?3人が歌いあっている。

笑い声が聞こえる。

下校時間にしては少し遅いくらい。

部活の帰りかもしれない。

さて、あれはなんという歌だったか。

確かに歌った覚えのある曲だが、どうも思い出せない。


心地の良い時間がゆるゆると過ぎていく。



ebbd10a1.jpg



葉を取り除いたら、次ぎは花梗を取る。

ぽろぽろとした実だけにする。

実が小さい上に花梗が細くて短いから、自分の指に余る。

なかなか大変な作業だ。

次第にビールを口に運ぶ回数が減る。



もし、子どもがいたら手伝わせることだろう。

子どもの細い指先であれば、この仕事は容易いに違いない。

そして、その日学校であったことなどを尋ねようか。

それとも、この山椒で作る料理のことでも聞かせようか。

この山椒の木が、まだ胸の高さくらいだった時のことを話したら

どんな返事が返ってくるのだろうか。


どうやら山椒の香りに酔ったらしい。


いつのまにか辺りが薄暗くなっていた。

隣の田圃では蛙が鳴いている。

初夏の夜の始まりは、思いのほかゆっくりだ。






おおお!

6da6f91a.jpg



産直市場の一角で子ヤギを発見しました。

どうやら桜の若芽を食んでいるらしい。

写真を撮ろうと思って、そっと近づいてみる。



b2f3290b.jpg



おっと! 目が合ってしまいました。



逃げるか?

と思ったら。。。



b6b6b56e.jpg



近づいてきました(笑)



831b4e53.jpg




子ヤギには届かないところにある桜の枝を引き寄せてあげたら




4f966763.jpg




食べてます。




71b27520.jpg




食べてます。。。




7ca36edb.jpg




おおお!




c6a88352.jpg




いや。。。


その。。。



ちょっと。。。




よじ登ってこられても ・・・(汗)




記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 臨時休業と 12月、年末年始営業の お知らせ
  • 臨時休業と 12月、年末年始営業の お知らせ
六本木さだ吉 公式HP

【六ばんめの味】

http://sadakichi-693.com

にて公開中

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ