2015年07月

暑気払い + サルメリア69 2015 備忘録

11755272_725665184223186_563167696459828980_n

7月21日

今回の、「暑気払い」のテーマは 生ハム + 発酵 、薫香 でした。

11759008_449758525208768_122735482_n

11758945_449758971875390_835388433_n

11748770_449758685208752_2091500788_n

10426579_725665167556521_8644008779814841510_n

カスガイの 烹菜 二種

キャベツと新生姜のおひたし  ビーツの酢味噌あえ

11060451_725665227556515_7039413871624837782_n

クラッチャと ズッキーニの糠漬け 小さな野菜と 花を添えて

11753722_725665204223184_6785651698787494359_n

69盛り合わせと 野菜サラダ

ミツル醤油の諸味 と 発酵調味料のドレッシング

11698909_725665247556513_3990602567440769304_n
11781674_725665240889847_2840550683831242577_n

モーラロマニョーラのラルド

キタアカリと 燻製にした鶏卵 夏トリュフ

スティッキオの温かいスープで

11737817_725665300889841_8659853470950862894_n
11701174_725665310889840_6692390914654859098_n

パンチェッタ  白菜の塩漬けと 水菜のハリハリ鍋

小腹の足しに トリュフ味噌を仕込んだ おむすび

11222076_725665384223166_2572440422299441310_n
10552513_725665327556505_8746640755527266770_n

南箕輪の桃 と 泡

11751432_725665354223169_8563055287568879518_n

カフェには、小さなガトー・ショコラとバニラアイスクリームを添えて

11755800_725665134223191_7681594638027705928_n
11013353_725665360889835_6386407759422837279_n

11774376_449668905217730_1926136165_n

11749353_449058118612142_455194117_n

祭スタッフ

サルメリア69              新町 賀信
ソムリエール               掘家 亜季
バリスタ                      山崎 義明
ワイン監修                  三浦 春悦
カスガイ   三浦 俊幸  春日井律子

11749796_449057085278912_717555532_n
11756482_449052391946048_1932055545_n
11759683_449285575256063_391618418_n

7月18日は おうどんの日

DSC_3293



似ている、という 噂になっています。

誰に ?

私 らしい です ( 笑 )



土 三  寒 六  常 五

塩加減 を 意味する 言葉です。


製麺 には、塩水の 濃度が 大きく 影響 します。


常 = 標準 の塩の分量が 1 に 対して 水 5  だとすると

土 = 盛夏 の 頃は、3

寒 = 冬は、 6 に調整 する。

 という 教えです。

また、ボーメ度、という 単位 があって、

これを 目安に 塩水を 作ります。

専用の 秤 もあります。


 さて、この暑さです。

塩水濃度は、いつもより薄くしないといけません。

土 三  寒 六  常 五  と いう 教えは ありますが

今 は エアコンで 室温 を 調整する 時代です。

そこまではっきり 差 が出るわけではありません。

なので、大概 、勘でもってやっています。


すると、ここまでの 説明は 何だったのかと ( 笑 )

長くなるので、この辺で 切り上げましょう。


今週の土曜日、18日は 「おうどんの日」です。

17:00 ~ 22:00   ( 子ども可 )

ご予約を お待ちしております。

新生姜と桜海老の天ぷら

DSC_3255


薄く切った新生姜の台に、桜海老をたっぷり乗せて、天ぷらにしました。

「さだ吉」 時代 からの 定番料理。

加減酢 に 生海苔 を溶いた つゆ 又は、藻塩で召し上がっていただきます。



2008年 12月に 小学館から 刊行 された

「七十二候 美味禮讃」 にも、載っています。

DSC_3256

画は、川口澄子さん。

文章は、私。

料理や食材を通して、暦と 行事 を 説明しています。

DSC_3266

発刊 から 七年も 経っていますが、この本の料理は 今も 引き 継がれています。


もうすぐ、表紙の「オクラ と 茗荷 のちりめん 山椒 あえ」 の 季節。

変わらず、ご提供できることを 嬉 しく 思って います。

7月の 特別営業 と 8月の お知らせ

DSC_3184

今年の 梅雨 は、よく 降って くれて、助かりました。

おかげで、 草 も 虫 も 元気 いっぱい (笑)

いまのところ、 大きな 災害 にも 繋 がっておらず

農業的 には、まずまずの 半年 ではなかったかと 思います。

ズッキーニ に 続いて、キャベツの 収穫 が、 始まりました。

DSC_3238

柔らかくて、おいしそうです。

DSC_3215

ミニ ・ トマト も 順調 。

7 月後半から、 収穫 が 始まると 思います。


来週には 梅雨 が 明けるという予想でした。

気温が上がって、お天道様の ご機嫌 がよくなれば

作物 たちが、一斉に 勢いを増すことでしょう。

さてさて、どうなることやら。




続いて 7月の 特別営業 と 8月の お知らせです。


18日 (土)  おうどんの日   17:00 ~ 22:00   子ども可

21日 (火) 暑気払い + サルメリア 69  満席になりました


8月は、お盆期間中も、平常通り、営業いたします。

昼営業   火曜日 ~ 金曜日   11:30 ~ 14:00

夜営業   月曜日 ~ 金曜日   18:00 ~ 23:00


ご予約、ご来店をお待ちしております。

記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • GUUUT 10月のご案内
  • GUUUT 10月のご案内
  • GUUUT 10月のご案内
  • GUUUT 9月のご案内
  • GUUUT 9月のご案内
  • GUUUT 9月のご案内
  • GUUUT 9月のご案内
  • GUUUT 9月のご案内
六本木さだ吉 公式HP

【六ばんめの味】

http://sadakichi-693.com

にて公開中