1d42368f.jpg


大間の本マグロです。

マグロの部位は、大雑把に言って

背節と腹節、節はさらに頭に近いほうから

カミ・ナカ・シモと切り分けられます。

その上、同じカミでも背と腹があるし

カミだけでも数十センチに渡るので

約20cm毎に1番、2番・・・と分けられます。

鮨屋などで俗に言う「腹カミ1番」とは

頭(かま)から続く腹側20cm位の部分で

大体15キロくらい(値段にして100万円以上)の塊。



嬉しいことに、最近は当家にも上等なマグロが入ります。

もちろん「腹カミ1番」などは、まだ売って貰えませんし

もし、売って貰えても使いこなせないのが現状(笑)


写真のマグロは「腹ナカ1番」から取った赤身の部分。


小さな買い物でも、お付き合いを重ねているうちに

やがて認められて少ない物を分けて頂けるようになる。

まったくもって、ありがたいことだと思います。

そして・・・

このまぐろは自分用に切ったもの(笑)

切りつけの甘さは「残さず喰うぞ」という気持ちから。


898c2b85.jpg



醤油を漬けて温かい御飯の上に載せる。

すこし温まった頃合いで山葵と一緒に・・・


うふふ(^^)