先日からお知らせをしている「六の市」について

少しづつ質問が集まってきました。

ちょっとまとめてみます。


 期日 18日(金) ~ 20日(日)

場所   さだ吉の店内において


この期間中は、一般営業はしません。

仮設ギャラリーのようなものだと思って下さい。

予約も受け付けていません。

基本は、半端な器の処分市です。

新品、中古品を格安にて販売します。


5客一組だったものが、使っている間に壊れて1個になってしまった、とか

特注品など、初回のロットが30とか50とかあったもので

どう考えても使い切れそうにない、というような品、とか

なんとなくそそられて買っては見たけど使い勝手が合わなくて

そのまましまい込んであるもの、とか

欠けたのや、割れたのを金で接いで補修したもの、とか

湯飲み茶碗など、全部を新しくしたのでいらなくなった前のもの、とか

10年間に溜まったあんなこんなを合わせて放出します。


名づけて

六の市 10周年の煤払い 萬器と、うましもの


そして、こちらは同時開催。

川口澄子 原画展  七十二侯 美味禮譛

原画や旧暦カレンダー、ハガキなどの購入ができます。


18日は、練馬の某店にも出店をお願いしました。

店内で、切りたての生ハムを食べることが出来ます。


ここが一番質問の多いところ。


六の市の開催中は、ゆっくりしていただけるスペースがありません。

器を見ている間や、購入していただいた器を包んでいる間に

ちょっとつまんで飲んでいただく、というような感じになると思います。

生ハムは500円~1000円くらい。

ワイン、お茶などが500円。

基本的には1000円前後のご飲食が可能な程度です。

生ハムの持ち帰りはできません。


19日は同じようなスタイルで、日本酒と???

酒は六の市のために選りすぐります。

???はつまみ。

まだちょっと決めかねています。


20日は ・・・


追ってお知らせします。