素材

京野菜

1ba8e6c6.jpg


海老芋です。

。。。

ちとデカイなぁ。


a639255d.jpg


これは壬生菜。

これも大きいというか立派というか。。。

露地ものといって、いわゆる野ざらしの畑で
天日を浴びて育った野菜。

泥水が跳ねているところなんて、
ちょっとわざとらしい写真を撮ってみました(笑)


23e3b31a.jpg



そしてこれは辛味大根。

後ろで見え隠れしている柿は
大きさの見当がつくように置いてあるだけです。


京野菜、ますます好調です。

銀杏

73fed60e.jpg


美しい。。。

自分には神々しく見えるのです。

丹波の黒豆

203fa739.jpg


黒豆とはいうけれど。。。
豆が黒いのではなく、薄皮が黒いのです。

枝豆の季節の最後を飾る丹波の黒豆。

丹波の松茸も、明日届く分がこの秋の最後になるそうです。

今日から百合根の蒸し焼きが始まりました。
秋が過去ろうとしています。

黒ねこ

50b85d6f.jpg


「山○こ」と「黒酢」の水割りを
当家では「黒ねこ」と呼んでいます。

この「黒ねこ」が昨日は19杯も出ました。
偏った、ということもありますが
来客数が12名(満席)でしたから
述べると一人1杯以上ということになります。

もうすっかりお馴染みの味ですが
実はこの「黒ねこ」がここまでになるには
いろいろと複雑な事情があったのです。

。。。。。


山○こが発売されてから、
そろそろ7年くらいでしょうか。
発売当時、「この酒は売れる!」と思いました。

店を移転する矢先だったので
飲み物に何か特色が欲しいと思っていたところへ
将来を期待させられる酒との出会い。

まだ数もそんなに出回っていない頃だったので
がんばって30ケースほど買い込みました。
初年度に都心部で発売された量の、実に6割です。

新しい店の床下には「山○こ」の1升瓶がぎっしり!

しかし ・・・

今でこそ手に入れ難いと評判の「山○こ」ですが
発売から2?3年はあまり名前がでることもなく
自分の当初の目論見は見事に外れ、
床下では「山○こ」が静かに熟成する一方(笑)

焼酎ブームの盛りに知名度がイマイチだったのは
もしかして流通を押さえた自分のせいじゃないかと
ちょっと反省もしているのでした。

さて、床下の在庫に目を瞑る訳にも行かず
何とかしてこの酒を売り出そうといろいろ考えました。

ちょうど芋焼酎がブームになり始めた頃だったので
お客様が一つの銘柄に固執することはあまりなく
色々飲んでみたい、とか
有名銘柄を飲みたい、というような具合で
「山○こ」を飲んで貰えても、せいぜい一人一杯。
これでは在庫は一向に減りません。

そんなわけで「山○こ」の特性を生かして何か、

と思って始めたのが現在の「黒ねこ」なのです。

華やかな香りが黒酢と合うような気がして
水割りを作ってみたのが最初でした。
だれが最初だったのかはもう忘れましたが
面白半分で「黒ねこ」と呼び始めたのが名前の由来。

写真の黒酢は酢酸が穏やかで旨味成分が強いので
お互いの力のバランスが取り易く
酒中酒として、飲みやすい味に仕上がっていると思います。

生産者が聞いたら怒り出しそうな話ですが。。。

以上、「黒ねこ」誕生秘話でした。

島らっきょう

bc26c88d.jpg


島とは沖縄のこと。

これは塩で漬けます。

食べられるのは来週ですね。
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 5月の営業予定
  • 4月3日は 花祭り
  • 4月3日は 花祭り
  • 4月3日は 花祭り
  • 4月3日は 花祭り
  • 4月3日は 花祭り
  • 2月10日 神楽坂ぼっちりや にて
  • 2月10日 神楽坂ぼっちりや にて
六本木さだ吉 公式HP

【六ばんめの味】

http://sadakichi-693.com

にて公開中