今日の朝ご飯

ブロッコリー

主たる花蕾を取ったまま、しばらくそのままにしておくと

茎と葉っぱの付け根から小さなブロッコリー(花蕾)が伸びてきます。

「脇芽」と呼ばれる部分です。

主たる花蕾のように大きくはなりませんが、柔らかくておいしいのです。

規格外。

つまり流通経路に合わないので、市場にはほとんど出回りません。

このあたりの産直などでは、これを数個、袋詰めにして、150円前後で売っています。

もちろん規格サイズのものと同じように食べられます。

今日は、そのやわらかさと香りを生かして、スープのようにしました。

1061986_156979397820017_1588980819_n
1061794_156979167820040_793318355_n

花蕾の部分だけを、茎から切り離して鍋に入れ、これを少量の水で煮込みます。
塩はほんの少しだけ。
蓋をして、弱火で、水気がなくなるまで放っておきます。

1057344_156979261153364_462854898_n
1062931_156984541152836_485255791_n

水気がなくなりかけてきたら、火はそのままで、木べらで突きほぐす。
やわらかいので簡単に潰せます。

これに、牛乳を加えて、さらに煮込みます。

1056969_156984454486178_215848_n
1058942_156984511152839_204754436_n

牛乳を入れたら沸かさないように、火加減に気をつけて。
ときどき木べらで鍋の底をかき混ぜながら適度に煮詰める。

好みのところで味を調えてください。

これをミキサーにかけると、ポタージュのようになりますが
それではツブツブした食感がもったいないのでそのまま食べます。

仕上がりは、オート・ミールのような感じ。

もの足りなければ、バターを入れても良いでしょう。

面倒でなければ、茎を賽の目切りにして、一緒に煮込めば
それもまた食感として、楽しく味わえます。

1060590_156984611152829_1195476740_n

クラッカーを載せました。

酒飲みにはウケないでしょうねぇ(笑)

冷蔵庫の片付け 2

f8e95b32.jpg


先週の日曜日の夜は、DVDを観ながら野菜を齧る、
という安易な食事で済ませてしまいました。そもそも日中に
海近くの河の辺でビールをやりつつ鶏の唐揚げにギョーザ、
というジャンキーなおやつを採ってしまったせいで
夜はもう、野菜くらいで良いだろうということになったのでした。

今日の朝ご飯は、その余った野菜の片付けです。

玉葱と人参を、唐辛子とにんにくで炒めたところへ
キャベツ、エリンギ、ブロッコリーの茎を「どさっ!」
少量の水と強火で蒸し煮にし、
そこへ冷凍してあったブイヨンを少し足す。
アンディーブにラディッシュの葉っぱ、塩、胡椒。

野菜が新鮮ならブイヨンは入れないところですが、
さすがに日曜のあとの金曜ともなると
野菜にも力がなくてあたりまえ。
ここは味を足して補いました。

千切ったサニーレタス、胡瓜、大根、ラディッシュ。
これにはオリーブ・オイルとバルサミコ、塩、胡椒。

以上。 調理に要した時間は15分でした。

昼粥

3e6f19ef.jpg


冷蔵庫の野菜室を片付ける。
水菜、小松菜、エリンギ、葱。
ブロッコリーの茎があったが、
これはまだ日持ちしそうなので取りおくことにした。
胡麻油と生姜で炒め、さっと醤油をかけ回す。
こういうのはちまちまやらないで、
強火で焦げるままに炒めるのが良い。

他にはキムチ、白胡麻、ふりかけ。
ふりかけは鰹節とイリコで出しをひいた後のダシガラに
醤油、砂糖、唐辛子、白胡麻を加え
フライパンで煎って細かくしたもの。

お腹がいっぱいになった。

麦とろ御飯

9a92bd99.jpg


当家は2月末が年度末なので
8月末は上半期の〆日ということになります。

決算というほどでもありませんが
貯めまくっていた数字の整理をしたり(汗)
下半期の売上を検討するための数字を出したり
まぁ、それなりにいろいろと事務仕事があるのです。

PCを自宅に移したので、今日はまだ在宅で事務処理中。

仕事に飽きが来たところでちょうどお腹もすいたので
気分転換に山芋を擦って、麦とろ御飯を頂きました。

麦飯には、秋茗荷をたっぷり刻んで混ぜました。
若布と豆腐の味噌汁には青葱を刻んで散らし、
箸休めには梅干。

外は台風の影響で雨が降ったり止んだりしています。

ああ、そういえば昨夜の雨は凄かったですね。
窓を開けて寝ていたので、慌てて閉めたのでした。

台風。

・・・

また店が静かになるのかな?

「今日も明日も予約で一杯です!」

な?んて 

・・・

そういう忙しさもたまには味わってみたいなぁ(笑)

葱を2本

91c50ed3.jpg


葱二本を炒めてお粥のお供にしました。

葱はこれから冬にかけて、どんどん美味しくなります。
それが解ってるからなんでしょうか?
最近目にする葱がとっても美味しそうに見えて
何だか無性に食べたくなってしまったのです。

生姜と大蒜をそれぞれ一かけづつ千切りにして
軽めのごま油で熱して香りを出し
そこへ刻んだ青唐辛子一本と、葱二本を 加えて炒める。

葱は太さによって切り方を変えますが
今日のはやや太めだったので
縦二つ割りにしてから3センチくらいの長さに切りました。
もちろん青いところも使います。

強火で、ちょっと焦がすくらいの勢いで構いません。
芳ばしく炒めたら、塩少々と、採り置いた二番だし少量を加え
醤油をちょろりとかけ回し、仕上げに切り胡麻をぱらり。

必ずしも出汁を使う必要はありません。
たまたま採り置きがあったので使いましたが
そのままでもぜんぜん美味しいですし
かつを節をかけるという手もあります。

今日のお粥には、枝豆を入れました。
目に鮮やかな彩りがあると嬉しくなりますね。
豆そのものに強い塩味がついているわけではないので
直接お粥に入れても大丈夫。
(お粥に塩気のあるものを混ぜない、という話でしたね)

そしてお約束の梅干。

葱2本なんて・・・簡単に食べられますよ(笑)

記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 今年も たくさん ありがとうございました。
  • 臨時休業と 12月、年末年始営業の お知らせ
  • 臨時休業と 12月、年末年始営業の お知らせ
六本木さだ吉 公式HP

【六ばんめの味】

http://sadakichi-693.com

にて公開中

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ