南信州から

六味亭 2014年 秋 「景色」


新宿から、およそ3時間。

JR中央本線なら、岡谷駅。

高速バスなら、伊那インター。

ご到着から、ご出発まで、各所への移動も含め、私が車でご案内しました。

10566637_300075513510404_254244099_n
10660536_318575841660371_420343703_n

伊那谷は、天竜川の浸食によって形成された日本一の河岸段丘です。

市街地から山裾までの標高差が、300m近くあります。

10668459_317792198405402_765985294_n

標高1200mの萱野高原から観た「伊那谷」の景色。

10585213_321561468028475_713475081_n
10543839_300133653504590_179374865_n

路傍の花々。

10469623_300122440172378_280875633_n
10512268_288619167989372_1388562609_o

畑の花々。

1476730_323295927855029_75631095_n
10719352_326388920879063_939392952_n

九月中旬からは、赤そばの花が見ごろでした。

10717881_329170033934285_1165042605_n

木曽町は、山を越えたお隣の街。


御嶽山の麓、開田高原や王滝村にも行きました。

騒がれているほどの被害があったようには見受けられません。

山は静まり、風は穏やか。

10799653_339861866198435_1476337062_n

紅葉が見事です。

10754885_339868629531092_1605551776_n

10555069_339869006197721_553577983_n

枯れ色もまた、美しい。

10736000_339865639531391_1535878896_n

虹に出会いました。

10743370_339864759531479_748420020_n

伊那谷から開田高原までは、車で40分ほど。

ちょっとしたドライブが楽しめます。


この秋は、御嶽山が噴火しました。

お亡くなりになった方々、被害にあわれた方々。

ご冥福と、お見舞いを申し上げます。









六味亭 2014年 秋 「味」

「南信州へ遊びに来ませんか?」のフレーズで始めた、六味亭。

たくさんのお客様が訪れて下さいました。

おいしい空気と、良い眺め。

採れたての野菜。


アットホームな食事。


南信州を、満喫していただけたと思います。


年内の営業は、終了しました。

来年は、5月からご予約を承ります。

ありがとうございました。


10600434_684305654971117_2263845864129395291_n
10649520_684315831636766_6373263025090358008_n
10628066_684688941599455_1811597120933734691_n (2)

収穫したばかりの野菜と、伊那高原の「ぎたろう軍鶏」で、晩御飯。

10723254_331742003677088_1504269804_n
10720961_331755443675744_1319620711_n

朝絞めの「ぎたろう軍鶏」を、お一人様、およそ半身分。

骨を砕いて煮込んだスープの「水炊き」など。

10621096_310443442473611_1814270561_n

朝の六味亭。

10676140_685273628207653_6963441229049938447_n

朝食の「蕎麦米の粥」。

10723667_331719227012699_1336842536_n

摘みたてのミントで淹れる「ハーブ・ティー」

10499686_288229138028375_910766450_o
10420068_684890654912617_6494521846556967864_n
10506219_284349861749636_1509358597_o

「カスガイ」でお馴染みの、北海道厚真産の放牧豚なども。

10728802_331717797012842_1566742820_n
10733398_335027383348550_1809931528_n

野菜は全て、採りたて、掘りたて。

ミニ・トマトをもぎながら、畑で一杯、なんて趣向もありました。

10744566_338256499692305_1052721734_n

10743491_337360089781946_1042361067_n

ナズナ、ノビルなどを使って、摘み草料理も。

10564749_300073850177237_1718131223_n

小やぶ 竹聲庵

10621828_318555091662446_1705414219_n

梅庵

昼食は、お蕎麦屋さんへ。



夕食、朝食の形式は、二通り。

ホテル泊  → 六味亭でお食事

ログ・ハウス泊  → 出張料理


お酒などは、地元の酒屋さんにご案内して、各自で調達。

或いは、ご持参いただきました。

10736102_339588952892393_384436598_n

夕食 五千円 ~

朝食 千円前後

松茸、地のキノコ類も、追加で承りました。

10708383_323221271195828_385181666_n
10685105_321148634736425_783092750_n

きのこ類は、産直でお買い上げいただいたものを私が調理する、というシステムでした。


春は、摘み草や山菜の料理が中心になるでしょう。

ご期待ください。


六味亭 2014 秋 「人」

2014年 秋

収穫や作業を手伝って頂きました。

10622248_310734362444519_1726391238_n
 
南瓜

10509209_284868905031065_124103713_o

ジャガイモ

10608854_323944267790195_2088158519_n

枝豆

10728791_334749290043026_2016421590_n

葱の植え替え

10728667_334392630078692_320675815_n
10744976_336754496509172_1272835086_n (2)
 10743652_336754096509212_2086539789_n

さつま芋掘り

10653954_318548081663147_537184233_n
 
大人の社会見学

10660886_318589561658999_207464545_n

 ポンデリング号 と。

10668443_321543431363612_2143461941_n
 
子供たちと一緒に。

10682032_321878661330089_1972897664_n

産直でソフトクリーム。

10707986_323638107820811_400992665_n
10728548_334724180045537_1016571384_n
10720908_332108973640391_112459670_n

みのわ 赤そばの里で

10708208_323988547785767_1137960906_n

渓流釣り

10580577_332481690269786_2004932307_n

木曽馬の里にて

10559083_336740019843953_317272590_n

山の中腹にある蕎麦屋にて

10609108_311361499048472_1332735428_n

9月、10月は、週末毎のようにご予約を頂きました。

ありがとうございました。



赤そばの花が見ごろです。

10685351_715248541898864_4489421877327999389_n


1476730_323295927855029_75631095_n


10708157_323296267854995_1583077615_n

新宿から高速バスで約3時間。伊那インター下車。

伊那高原では、赤そばの花が見頃です。
 
10月中旬ころまで。


さだ吉 出張部門の「六味亭」では

伊那高原産の 「ぎたろう軍鶏 一羽食べつくし コース」で

週末毎に一組様限り、おもてなし中。

10639564_702576183170548_4863318671806654954_n

胸肉の柔らか煮 昆布だし、塩、酢でしっとり炊きました。

10635832_702576319837201_5510479178031498870_n

地元産、ししピーマンの肉詰め。骨の周りの肉を削いでつくねにしました。

10665690_702576339837199_7588775966949118100_n

口がわりの生野菜 自家菜園のトマトと胡瓜を塩とお酢だけで。

10310603_715246385232413_7889886451831702304_n

ゴーヤとピーマン、二十世紀梨のサラダ 諸味と太白ごま油のドレッシング

10653427_715248835232168_8276717204553221343_n

肝の生姜煮。 低温調理しました。食感は生のようです。

10698473_702576236503876_3988379744764932888_n

里山の茸とモツ炒め ハツ、砂肝、ショウゲンジ、ホウキダケ

10650017_715248598565525_6153286425054200164_n

水炊き 骨を一晩煮込んだ白濁スープで

もも肉と水菜、つくねと葱 二通り召し上がっていただきます。


朝絞めの「ぎたろう軍鶏」を、自家菜園の野菜と里山の茸などと共に。

( 野菜料理は収穫の状況によって内容が変わります )

お一人様 五千円 +消費税  2名様から6名様まで。

オプションで「松茸料理」も承ります。ご相談ください。

10708383_323221271195828_385181666_n

9月22日現在、9月27日、10月4日、5日に空きがあります。


降車から乗車までは、自家の車でご案内します。

JRをご利用の場合も、車で送迎いたします。


※ 日帰り可能な距離ですが、宿泊先のご紹介も承ります。

ご予約、お問い合わせは、こちら。

sadakichi@ams.odn.ne.jp


タイトルを「南信州」として下さい。

さだ吉 六味亭 ただいまの予約状況

南信州で週末を!

休日に収穫体験と食事が楽しめる、さだ吉の出張部門「六味亭」

おかげ様で10月末まで、概ねご予約を頂いております。

9月4日現在、空いているのは以下の週末です。

  9月27日(土)~28日(日)

10月 4日(土)~ 6日(日)

10月25日(土)~26日(日)


松茸が出始めました。

10月は紅葉を楽しめる場所へもご案内します。

眺めのいい場所で、お弁当を広げ昼から「呑む」というのはいかがでしょう。

この秋の行楽として、ご検討ください。

記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 4月3日は 花祭り
  • 4月3日は 花祭り
  • 4月3日は 花祭り
  • 4月3日は 花祭り
  • 4月3日は 花祭り
  • 2月10日 神楽坂ぼっちりや にて
  • 2月10日 神楽坂ぼっちりや にて
  • 2月10日 神楽坂ぼっちりや にて
六本木さだ吉 公式HP

【六ばんめの味】

http://sadakichi-693.com

にて公開中